T049B - 鋼鉄ボールエンド4.9mmショート(4個)

高強度・高精度なハードスチール製4.9mmボールエンド。ネジ部長さ5mmのショートタイプ。従来製品(T049)よりもボール部表面を滑らかに仕上げつつ、低価格化を実現しました。

他に 16個の商品が同じカテゴリ内にあります:

T130 - トップデッキ1.6mm

高品質1.6mm厚USAカーボン材を使用。キット標準(2.0mm厚)よりもシャーシフレックスが増加し、トラクションが増えステアリング切り始めのレスポンスが向上します。アルミシャーシ(T109)と組み合わせると、より効果を発揮します。

T112 - D.J.CVDドライブシャフト 42mm

キット標準カーボンメインシャーシよりも約13g重く、カーペット路面やハイグリップのアスファルト路面など、より低重心化したい場合に最適です。シャーシ形状や肉抜き形状を最適化し、最適なシャーシフレックスが得られるようにデザインされています。

T120 - VZステアリングブロック(ハード)

新設計のステアリングブロック。新たにステアリングアングルストッパー機能を内蔵し、ステアリングの切れ角を任意の角度に設定することが可能です。
ハードとグラファイトをラインナップ。ハードは幅広いコンディションに対応し、安定したグリップを発揮します。
ハイグリップな路面ではグラファイトが適しています。ステアリングレスポンスを良くしたい場合や、クルマの動きを機敏にしたい場合にも適しています。

T093 - アルミベルクランク 18mm(7075/ブラック/2個)

ベルクランクの剛性が高くなり、ステアリングレスポンスが良くなります。
また、キット標準のベルクランクよりもステアリング切れ角が多くすることが可能になります。
アルミベルクランクを使用する場合、D.J.CVDドライブシャフト Ver.2 を併用してください。

T098 - セパレートモーターマウントセット(7075/ブラック)

モーターマウントとセンターシャフトマウントを分離させ、モーターマウント付近のシャーシフレックス特性を、よりソフトにすることが可能になります。また取り付けネジ位置を変えることでシャーシフレックス特性を変更することが可能です。また、モーターの取り付け位置を約1mm下げ、低重心化。

T133 - アルミロアサスホルダー 44.5(0.5ロー)

ヒンジピン取り付け高さを0.5下げることが可能になるサスホルダー。キット標準よりもロールセンターを下げたセッティングが可能となります。またロールセンターとトー角の組み合わせの選択肢も広がり、セッティングの選択肢が多くなります。

T161 - フォームバンパー

最近のレーシングボディーに対応するため、形状をコンパクト化し、更に面取り加工を施しました。ボディとの隙間は「SMJゼロギャップフォームテープ」を使用して調整してください。

T103 - パッシブリアステアリング(PRS)セット

IF14用パッシブリアステアリング(PRS)セット
リアサスペンションのストローク量に応じて、リアタイヤのトー角を変化させることで、より速いコーナリングスピードを実現させます。
リアトー角の変化量はリンケージロッドの取り付け角で微調整が可能です。
またステアリングブロックの高さは2種類から選択でき、ロールセンターの変更を可能としており様々なトラックコンディション、コースレイアウトに対応可能です。